ウフギー自然館

    
エコツーリズムとは

エコツーリズムとは、「自然環境や歴史文化を対象とし、それらを体験し、学ぶとともに、対象となる地域の自然環境や歴史文化の保全に責任を持つ観光のありかた」のことをいいます。地域ぐるみで自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていく ことを目指していく仕組みです。観光客に地域の資源を伝えることによって、地域の住民も自分たちの資源の価値を再認識し、地域の観光や地域社会そのものが活性化されていくと考えられます。

環境省では、全国でエコツーリズムの普及と定着に向けた具体的な取り組みをすすめています。 また、平成 19年6月には地域で取り組むエコツーリズムに関する総合的な枠組みを定めた「エコツーリズム推進法」が成立し、平成20年4月より施行されています。

エコツーリズムでは、持続的な活用と保全の両立を考えることが重要です。自然資源や文化資源は、利用に よる影響を受けやすい場合があり、適切なルール(利用人数や利用の仕方など)やガイダンス(自然資源や文 化資源を適切に理解・活用することに役立つ情報提供)を地域主体で確立していくことが必要になります。

やんばる地域のエコツーリズム

やんばる地域には多くの自然資源、文化資源があり、これらが一体となってやんばる独特の環境を作り出しています。特に豊かな森林が広がるやんばる地域には多くの固有種が生息する特異な自然環境があり、専門家や研究者だけでなく観光客にとっても大きな魅力となっています。
また、やんばる地域の集落と周辺の里地は、そこに伝わる伝統的な祭祀や生活文化を色濃く残しており、 やんばる地域の独特な雰囲気も観光客をひきつけています。
このような、やんばる地域特有の資源を保全しながら活用していくことを目指して、やんばる3村地域において もエコツーリズムに関連する取り組みが盛んに行われつつあります。

関連ホームページ

環境省
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism

沖縄県で子どものための自然体験活動を実施している団体・組織はこちら
http://www.env.go.jp/kids/gokan/09/47/index.html