ウフギー自然館

やんばる地域の国指定鳥獣保護区
国指定屋我地鳥獣保護区

沖縄県の沖縄島と本部半島の間に位置し、屋我地島及び我部祖河川下流域の陸域並びに羽地内海及び屋我地島周辺の海域から構成されています。指定地区の約3分の2を海域が占めていますが、周辺の浅海には 干潟が発達し、沿岸にはマングローブ林が、陸域には畑、森林及び草地が見られるなど、多様な自然環境が存在しています。 干潟はシギ・チドリ類を始めとした多くの鳥類の採餌の場所や休息地として利用されています。屋我地島周辺 海域に見られる岩礁には、夏季になるとベニアジサシ、エリグロアジサシ等が渡ってきて、繁殖地や休息地と して利用しています。また、浅海域には海草類が分布し、ジュゴンの食痕も確認されており、ジュゴンの採餌場所として利用されているようです。

国指定屋我地鳥獣保護区区域図
:総面積3,224ha
国指定やんばる(安田)鳥獣保護区

国頭村字安田区に位置し、伊部岳(標高353m)がある国有林及び村有林に広がるイタジイ(スダジイ)を中心とした亜熱帯広葉樹林から、集落を含む東海岸に至る多様な環境から成る地域です。この区域には、ノグチゲラやヤンバルクイナ、ホントウアカヒゲなどの鳥類をはじめ、哺乳類ではケナガネズミやオキナワコキクガシラコウモリなど、多くの希少な鳥獣が生息しています。そのため、県指定伊部岳鳥獣保護区の区域を東海岸に至る区域まで拡張し、2009年11月に国指定鳥獣保護区になりました。

国指定やんばる(安田)鳥獣保護区区域図
総面積:1,279ha(特別保護地区220haを含む)
国指定やんばる(安波)鳥獣保護区

国頭村安波区の安波ダムの北側に位置し、西側には安波川、東側には普久川が流れ、イタジイ(スダジイ)を中心とする亜熱帯常緑広葉樹林が広がっています。この区域には、ノグチゲラやヤンバルクイナ、ホントウアカヒゲなどの鳥類をはじめ、哺乳類ではケナガネズミやオキナワコキクガシラコウモリなど、多くの希少な鳥獣が生息しています。そのため、県指定安波鳥獣保護区の区域を引き継ぎ、2009年11月に国指定鳥獣保護区になりました。

国指定やんばる(安波)鳥獣保護区区域図
総面積:465ha
鳥獣保護区利用のマナー

鳥獣保護区内での活動の際は、以下の利用マナーを守りましょう。
・ペットを捨てない、外来種を持ち込まない
もともとやんばるの自然にいないイヌやネコは、野生動物にとって大きな脅威となります。ペットは最後まで責任を持って飼いましょう。
・ゆっくり運転
ヤンバルクイナなどの野生動物の交通事故が多発しています。ゆっくり走行し、人にも野生動物にも優しい運転を心がけましょう。
・ゴミを捨てない
皆が気持ちよく利用できるように、ゴミは必ず持ち帰りましょう。
・エサをあげない
野生動物にエサをあげると、人慣れをして警戒心が薄れ、天敵に襲われる、交通事故にあいやすくなるなどの影響が考えられます。
・地域に迷惑をかけない
野鳥観察などのために民家の敷地に立ち入ったり、長時間カメラをかまえたりするなど、地元の方々の迷惑になるような身勝手な行動はやめましょう。

環境省における野生鳥獣の保護管理に関する取り組み

環境省では、「野生鳥獣の保護管理」のため「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(以下、「鳥獣保護
法」と称します。)」等の規定にもとづいて、野生鳥獣の保護に関する業務や野生鳥獣の狩猟の適正化に関す
る業務を実施し、科学的・計画的なワイルドライフマネージメントの施策を進めています。
詳しくは以下のページをご参照ください。

http://www.env.go.jp/nature/choju/index.html